2014年03月18日

南アフリカのニュースサイトで紹介されました

「株式会社CFPと南アフリカ共和国ケープタウン市との廃プラスチック燃料化技術に関する普及・実証事業の業務委託契約」について南アフリカのニュースサイト「Buisiness Day BDLIVE"」で紹介されました。



20140303capetown_BDLIVE1.jpg

(ENGLISH)
Cape Town signs deal to establish pilot plastics-to-oil plant

THE City of Cape Town has signed an agreement with a Japanese consortium to establish a pilot plastics-to-oil plant in the city.

The plant will be able to convert 500kg of plastic into about 500 litres of heating oil daily. Some of the oil will be used to power a generator, while the rest will be available for sale as heating oil in industrial processes.

The pilot project, a first for a South African municipality, will be made possible through a Japanese government grant of R10m to foster technology exports from the Asian powerhouse.

The city said on Monday that the development and testing of the conversion plant at the Kraaifontein Integrated Waste Management facility holds "special significance". The facility is a World Design Capital 2014 project, forming part of Cape Town’s efforts "to transform lives through design".

The city said the plant would show how design could also stimulate the economy and contribute to a sustainable society by reducing the environmental impact of plastic.

Cape Town is the 2014 World Design Capital, a title that will see the city host a number of prestigious design-related events and conferences organised by the World Design Capital initiative and the local committee.

"The (plastics-to-oil plant) pilot project, if successful, will attract investment that generates economic growth and job creation, ensuring infrastructure-led economic development," said Ernest Sonnenberg, Cape Town’s mayoral committee member for utility services, on Monday.

The consortium, consisting of the Japanese firms CFP and Kanemiya and the Japan International Co-operation Agency, will work with the city on this project.

The pilot project will run for six months, after which it will be assessed and decisions made on the sustainability and affordability of the pyrolysis technology − a higher-end waste-to-energy technology used for waste minimisation.

Mr Sonnenberg said the city would stand to benefit in the form of test results at minimal cost and be able to explore this technique of turning waste plastics into oil through pyrolysis.

Upon the termination of the test phase, the pilot plant will become the property of the city.

Mr Sonnenberg said the city would be under no obligation to award any possible future contracts emanating from this agreement.


(中国語)
开普敦市与一家日本财团签署协议,在市内建立塑料炼油试点工厂。

该工厂每天能把 500 公斤塑料转化成约 500 升燃料油。有些油将用于向发电机供给燃料,其余的油可作为工业流程的燃料油出售。

该试点项目是南非国内城市的首次尝试。日本政府将出资 1,000 万南非兰特来促进该亚洲大国的技术出口,藉此推行该试点项目。

开普敦在星期一表示,开发和测试位于 Kraaifontein 综合废弃物管理设施的转化厂“别具意义”。该设施是世界设计之都 2014 项目,构成开普敦“通过设计改变生活”措施的其中一环。

开普敦称,该工厂将表明,设计也可如何通过减少塑料的环境影响刺激经济,以及为可持续发展社会作出贡献。

开普敦是 2014 世界设计之都,预示着该城市将会举办多种由世界设计之都倡议和当地委员会组织的著名设计相关活动和会议。

“(塑料炼油)试点项目一旦成功,将会吸引投资,促进经济长,创造就业岗位,确保由基建引领经济发展,”开普敦的公用事业服务市长委员会成员 Ernest Sonnenberg 星期一表示。

日本企业 CFP股份公司 和 Kanemiya 及日本国际协力机构已组成财团。该财团将与开普敦在该项目上携手合作。

试点项目将运行六个月,其后将对其进行评估,并决定热解技术(用于最大程度降解废弃物的高端废弃物转能源技术)的可持续性和可承受程度。
Sonnenberg 先生称,开普敦定将以最低成本从测试结果中得益,并有能力开发这项通过热解以废塑料炼油的技术。
测试阶段结束时,试点工厂将成为开普敦的财产。
Sonnenberg 先生称,开普敦并无义务藉该协议授出任何日后可能订立的合同。




(日本語)
ケープタウンは油化試験プラントの設立契約に署名


ケープタウン市は市内に油化試験プラントを設立するにあたり、日本の共同事業体と契約を締結した。

このプラントは、1日あたり500sのプラスチックを500リットルの灯油に転換する能力を持つ。石油の一部は発電機への電源供給に使用し、残りは工業プロセスで使用する灯油として販売する。

南アフリカ当局にとって初の試みとなるこの試験プロジェクトは、アジアの発電所技術を輸出し育成する、日本政府からの1,000万ランドの助成金によって可能となるものだ。

同市は月曜日、クライフォンテイン廃棄物管理総合施設における転換プラントの開発と試験は「特別な意味」を持つと発表した。同施設はワールド・デザイン・ キャピタル2014のプロジェクトであり、「デザインを通じて生活を一変させる」というケープタウンの取り組みの一環をなしている。

また同市は、このプラントでプラスチックによる環境影響を削減することにより、デザインが経済の活性化と持続可能な社会に貢献できることも示すつもりであることを明らかにした。

ケープタウンは2014年ワールド・デザイン・キャピタルの開催地であり、多数の一流デザイン関連イベントや、ワールド・デザイン・キャピタルのイニシアチブならびに地方委員会が主催するさまざまな会議で都市主催者に会う資格を有している。

月曜日には「この油化試験プロジェクトが成功すれば、経済成長と雇用創出をもたらす投資を呼び込み、インフラ主導の経済発展を確保することになる」とケープタウン市の供給委員会のメンバーであるアーネスト・ソンネンバーグ氏が発言した。

日本企業の 株式会社CFPならびに株式会社カネミヤと独立行政法人国際協力機構で構成される共同事業体が、本プロジェクトにおいて同市と連携する。

この試験プロジェクトは6カ月にわたって稼働し、その後、熱分解技術 (廃棄物を最小限化するための最新の廃棄物発電技術) の持続可能性と費用の適性度の評価ならびに決定が下される。

ソンネンバーグ氏によると、同市は最小限のコストで試験結果という利益を得るとともに、熱分解を通してプラスチック廃棄物を石油に転換する当技術の研究が可能になるだろうと述べた。

試験段階を終えると、当試験プラントは市の資産になる。

ソンネンバーグ氏は、同市は本契約から将来生じ得るいかなる契約も発注する義務はないだろう述べた。

-------------------------------
BusinessDay
BDLIVE
http://www.bdlive.co.za/business/industrials/2014/03/03/cape-town-signs-deal-to-establish-pilot-plastics-to-oil-plant

posted by CFPグループ at 14:25| Comment(0) | 油化事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。