2018年12月13日

クリスマス気分のフラワーアレンジ

CFP Group:株式会社CFP発


今週のCFP本社のエントランスでは
クリスマス気分のフラワーアレンジがお出迎えしてくれます。

20181213.jpg

もみの木から
真っ赤なバラとガーベラが顔をのぞかせています。

昔から
緑と赤にクリスマスのイメージがありますが
何故なのでしょう。

ちょっと調べてみると諸説あるようですが
緑は、一年を通して緑である常緑樹をエバーグリーンと言って、強い生命力を表しているそうです。
そして赤は、キリストの深い愛を表しているのだそうです。

そう思うと
やはりクリスマスは厳かな気持ちになります。

企画管理部 
posted by CFPグループ at 10:44| Comment(0) | CFP便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。