2018年11月19日

研修旅行 京都

CFP Group:株式会社CFP発


今年も昨年に続き、
京都にて研修会を行いました。

社内でグループウェアを本格的に導入して一年経過しました。
報告書やアイデアの共有が格段にスピードアップし
業務改善につながっていることを実感する日々です。
CFPでは今後ますます社内システムを改善し、
さらなる業務の効率化を目指しています。

今回の研修では、その社内システム効率化に向けて
必要な情報をスタッフ全体で共有していくために実施いたしました。

そして、システム研修会の後には
二宮金次郎さんの7代目子孫 中桐万里子様にお越しいただき
「激動の時代を生き抜く秘訣」をテーマに講演していただきました。

二宮金次郎といえばあの銅像が思い浮かびますが
どんな人で、どんな考え方をしていたのか等
人となりについては深く知りませんでしたので
新鮮な驚きがたくさんの講演会となりました。

講演を通して、その人物像を知るとともに
仕事だけではなく普段の生活の中でも取り入れたい考え方も
教わることができました。

中でも個人的には「報徳」という考えに感銘を受けました。

「頑張れば報われる」という言葉は、よく聞く言葉ですが、
二宮金次郎の考え方は、もっと真実を見つめたものです。

頑張っても駄目なことがある、報われないときもある、という見解です。
確かにそれが現実だな、と思いました。

「頑張れば報われる」ではなく「幸せだから頑張る」という
より一層現実的なものが二宮金次郎の考え方だそうです。

幸せを感じるためには
しっかり心の目を開いて、何気ない毎日をしっかりと見てみることが必要です。
そうすれば
自分がどれだけ多くの人に支えられ生きているか、
自分がどれだけ幸せなのかを気づくことができるそうです。

そして、その幸せに気づいたら、
少しでも周りの人に恩返しができるように頑張ろうと
受けた徳に報いていくこと、それが「報徳」です。

「頑張れば報われる」も「幸せだから頑張る」も、
「頑張る」ことは同じでも
何のために頑張るのか、どういう気持ちで頑張るのか、という部分が違うのですね。

自分の存在があることに感謝し、
周りの支えてくれている人やモノにも感謝し、
少しでも恩返ししたいと頑張ることで自分も幸せになるし、
周りの人も幸せにできる、
そんな考え方を教えていただきました。

そんな気持ちを未来にもつなげていきたいと思いました。

この考え方は普段の生活でも
仕事でも活かしていけると思います。

講演会ではおよそ90分に渡って
多くの素敵な言葉をいただきました。

社員それぞれにこの講演会で自分の心に沁みた言葉があると思います。
それぞれを自分の心の宝物にして
これからも一歩一歩 歩んで行きましょう。

20181116.jpg

20181117.jpg

企画管理部 小田
posted by CFPグループ at 15:05| Comment(0) | CFP便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。